タミフルの効果的な使い方

インフルエンザの潜伏期間に風呂は控えタミフルを

冬になると非常に空気が感染し、人間に様々な弊害を及ぼすようになります。
咳が出やすくなったり、鼻水などが分泌されやすくなります。
それは空気の乾燥で喉や鼻も乾燥し、外からの最近やウィルスに抵抗しようとしてそのような症状があらわれます。
また空気の乾燥は、ウィルスやインフルエンザが非常に増殖しやすい環境であると言えます。
そのため感染しないように万全の対策を講じる必要があります。
寒気や発熱が見られたら風呂の入浴を控えることが大事です。
しかしこうした悪寒や発熱が見られないときは積極的に風呂に入るほうが体の為には良いと言えます。
することで、口や鼻に水蒸気が入り込み非常に潤い、ウィルスや細菌の侵入抑制に一役買うことになります。
また風呂に入ると体が温もり体温が上昇するので、ウィルスなどを跳ね除ける免疫力が高まることになります。
しかし自分がどれほど、インフルエンザ対策を講じたとしても、家族が感染してしまうと、自分も感染する可能性が高まります。
しかしインフルエンザ感染には潜伏期間があり、一日から三日程度の潜伏期間があります。
そのため家族が感染し自分が三日間症状が現れないと、つい大丈夫だと油断してしまいます。
そのため家族にインフルエンザ感染者がある場合は、医師に事情を説明しタミフルをあらかじめ処方してもらうようにすると良いでしょう。
発熱や咳などが見られない潜伏期間にタミフルを飲むことで、発症を抑制することが可能です。
特に高齢者はインフルエンザに感染すると肺炎を併発し、死の危険性が非常に高いことから、早めに潜伏期間のうちに必ずタミフルを内服するようにしなければいけません。
しかし持病を抱えていたり、中学生の子供に飲ませるときは異常行動を起こす場合があるので、医師に良く相談してタミフルを飲ませなければいけません。