タミフルの効果的な使い方

東京でのタミフルなどを用いたインフルエンザ予防対策

日本の冬は非常に乾燥が激しくなります。
乾燥が激しく湿度が低下すると、ウィルスにとっては好環境になります。
なかでもインフルエンザが日本の冬には大増殖を起こし、人体に入り込み増殖を繰り返すようになります。
人間がインフルエンザに感染してしまうと様々な症状が見られるようになります。
特徴的なのは40度を超える高熱です。
40度を超えると体の関節が激痛になり、頭痛や嘔吐なども見られます。
脱水症状も進行し、日常生活がままならなくなります。
インフルエンザは感染者からの飛沫などによって他者にもウィルスを感染させる可能性が非常に高く、集団感染などを引き起こすことが問題視されています。
特に人口の多い東京や大阪で多数集団感染が見られると都市機能は破綻し、経済などにも影響を及ぼすことになります。
そのため東京などの首都圏では最近予防対策に非常に力を入れています。
特に東京や大阪などの首都圏では重篤化しやすい子供や高齢者に低価格で予防接種が受けられるように自治体が補助金を提供しています。
また最近では重篤化しやすく、生命の危機に瀕する可能性の高い高齢者に感染の疑いがある場合、事前にタミフルを処方するなどの予防対策をとる病院も多くなっています。
タミフルを症状があらわれる前の潜伏期間に服用することによって、高熱や下痢、嘔吐などの諸症状を回避することが可能になります。
また子供などもインフルエンザに感染すると重篤化しやすく脳炎などの副作用も懸念されるので注意が必要です。
子供のインフルエンザ対策として有効なのは、予防接種やマスク、手洗いうがいを徹底させることです。
十代以下の子供にタミフルを服用させる予防対策は幻覚や機構などの異常行動の副作用の可能性もあり、できるだけタミフル以外の方法で予防対策することが大事です。